桜並木に集う世界の方言

目黒区中目黒に位置する目黒川。

この目黒川は、イルミネーションや桜並木で全国的にも名の知られた観光名所の一つです。

この地を訪れる観光客は多く、国外に住む人でさえやって来ることがあります。

日本は島国という特性も相まって、標準語の他に驚くほどたくさんの地方語が存在します。

この目黒川という観光地には、そういった多くの地方語、つまりは方言が自然と集まる場所でもあるのです。

関東と関西とで比べると分かりやすいですが、細かく分類すれば関東内だけでも多くの訛りが存在しています。

もちろんこれは関西も同じで、数え出せばキリがないほどです。

しかし、この地に集う地方語は日本語だけにとどまりません。

例えば英語圏からやって来た観光客でも、アメリカ英語かイギリス英語かという違いがあります。

さらに地域が異なれば発音やアクセントも変わってくる場合も多々あります。

これらも日本語と同様に、訛り、地方語と呼べるものです。

このことから目黒川は、異なる人種と異なる言語が、同じ桜並木の下に集まる、少し不思議な観光地となっているのです。